もしもしかめよ

研究・ドラッグデリバリーシステム・BUMP OF CHICKENをテーマに情報を発信していくブログ

NHKの「子どもの貧困」特集を見て思ったこと : 多少貧困でもやり方次第で進学できるよ

 ここ数日、NHKの「子どもの貧困」についての特集がネット上で議論、というか批判の的になっているようですね。炎上(?)の元になった特集がこれのようです。

www3.nhk.or.jp

ちょいちょい色んな記事を見ていると、この女子学生(うららさん)は結構高価な画材を持っていたり、なかなかの散財をしているとのことです。それに対して、この学生が貧困だなんて捏造じゃないか!とか、散在するお金があるのに貧困とはどういうことだ!といった類の 批判がNHKやうららさんに飛び交っているみたいです。(まぁいかにも炎上しそうですね…。)

 

 Twitterなどで色んな人の意見を見ていると自分の考えもそれに無意識にうちに引っ張られそうなので、あえて最小限の炎上の情報だけ仕入れました。それについて何も意見がないということはないのですが、捏造かどうか、実際に散在しているのかどうかなんて実際に(少なくとも自分自身で)確かめることはできないのであえてそこはスルーします。そして、実際のNHKの特集を見たうえで、そこに収められている内容が基本的には事実だという仮定の下で、今回の炎上とはちょっと別の事で考えたことを少し述べようと思います。

 

 こういう貧困特集でよくでてくるワードとして、お金がないから進学を諦めざるを得ないというものがあります。今回も出てきましたね。うららさんが「夢をもっているのに、お金がないという理由で夢をあきらめなければいけない」という趣旨の発言をしています。それに対して、疑問というか、言いたいことがあります。

 

 僕自身、貧困とまではいかないまでも結構貧乏な家庭に生まれたなぁと思います。兄弟が4人いて、僕が中学生のときに父親が他界したので今は母子家庭です。さらに、実家は日本の隅っこにある島なので最低賃金も全国で最低レベルで、母親は普通のパートです。姉はもう社会人なので少しはましになりましたが、普通に考えて生きていくのがやっとなレベルだと思います。学費なんて出せる余裕はありません。

 

 しかし、僕含め3人は大学に進学しています。進学できています(一番下はまだ高校生ですが、大学へ進学予定です)。さっきの女子学生と言っていたことと違いますよね。金銭的に厳しくても進学できるのです。それはなぜかというと、奨学金という貧しいけど進学意欲のある学生を援助してくれるシステムがあるからです。さらに、大学によっては(特に国立大学は基本的にあると思いますが)入学金・授業料免除という制度もあります。僕たち兄弟はこの制度に助けられてきました。助けられています。本当に感謝しています。

 

 というわけで、基本的にはお金がなくても進学はできるわけです。うららさんの行きたい専門学校に奨学金や入学金・授業料免除の制度がどれだけ充実しているかはわかりませんが、もしなければ充実している学校を探せばいいわけです。専門学校は大学に比べて奨学金等は少ないイメージがありますが(間違っていたらごめんなさい)、それだったら大学を目指せばいいと思います。デザインが勉強できる大学もたくさんあるはずです(学力が足りないから大学にはいけない、という意見はナンセンスだと思います。ご飯が普通に食べられて絵の勉強が出来るなら、夢をかなえるために学力を伸ばす努力をするべきです)。

 

 でも多分、うららさん自身そういうことをしらないんじゃないかなと思います。ましてや、生きていくために一生懸命働いてくれているお母さんはそういう情報を収集する余裕はないはずです。だけど、その情報格差って大きいし、めちゃくちゃもったいない。お金がないのであれば、そういう情報を頑張って手に入れて(なんとかして進学する方法はないのかな、という思考をしてほしい)、そこに必死に食らいついていく。夢を叶えたいのであればそういう生き方をしなきゃいけません(それを不幸ととらえるか、試練・チャンスととらえるかは人それぞれです)。

 

 結局何が言いたいのかというと、

お金がなくても進学できる。

ただ、それには情報が必要学校の先生に聞くなり、友達に聞くなり、学校のパソコンを使わせてもらって、友達に使い方を教えながらでも、情報収集をしてほしい

 

ということです。ちょっと検索すれば、こんな素晴らしいサイトがすぐでてくるんですよ。そういうことをぜひ知ってほしい。映像を見る限り、うららさんはしっかりした高校生で、自分の意見もはっきり言える方なので、うららさんのいう通りお金を理由にして夢を絶ってほしくないです。僕自身お金と進路についてはさんざん悩んできた(今も悩んでる)ので気持ちはよくわかります。頑張ってほしいものです。

 

 この記事がなにかしら経由でうららさんの目に留まることを祈ってます(まぁあの特集が本当に捏造なら無意味な祈りですが笑)。もちろんそれ以外にもお金に困ってるけど進学したい学生に少しでも役に立ってもらえたらなと思います。

 

けまり

広告を非表示にする